似ているようでまったく違うリペアとリフォーム

「リペア」とは「修復」、「修繕」ということを意味しています。フローリングで言えば、キズやへこみの部分を綺麗に直すということになります。

一方「リフォーム」は「作り直す」ということで、古い床を剥がして新しいものに交換することになります。(古い床の上に新しい床を貼る上貼りという工法もあります。)

最終的にはどちらも綺麗にすることが目的ですが、これにかかる費用はもちろんかなりの差がでることがほとんどでしょう。

リペアの場合1日仕事で3~4万円かかるとして、リフォームの場合は1日仕事で仕上がると仮定して、上貼りで6~10万円かかると考えてよいでしょう。また張替えの場合は約2倍の費用がかかるようです。もちろん使用する材料によっても料金は変わってきますし、業者によってもリフォーム料金はまちまちです。

この辺はケースバイケースでどちらにするのかを決めることになると思いますが、1つ言っておきたいのは、原状回復というのは新品にしなくてはいけないということではなく、過失によるキズや汚れを綺麗にして退去すればそれでいいんです。(ウチは愛犬のおしっこのシミなんかもあってどうしようもありませんでしたが…)

あとは、入居時にどんな契約や条件があったかですが、いずれにしても少ない負担で綺麗になるのであればそれに越したことはありませんよね。

まずは問い合わせしよう

では、どの辺がリペアとリフォームの分かれ目なのでしょうか?

これは素人が判断できるものではありません。ウチ場合もペットの粗相によるシミがありましたが、まさか張り替えなくて綺麗に修復できるとは正直思っていませんでしたから。

リペアで対応できる範囲のキズや汚れであれば、こちらが断然お得です。まずは問い合わせてみることをお勧めします。