技術力はあるか

おそらく多くの方がインターネットを利用して補修業者を探してみると思います。もちろん、私もこの方法で業者を探しました。その場合、時間の許す限り各ページを読んでみることをお勧めします。

大抵はリペアに関する説明や料金は書いてありますが、それ以外にも会社の補修に対する姿勢であったり、技術力への自信みたいなものを感じ取ることができるでしょう。私たちはお金を払って技術を買うわけですから、これは絶対に重要視することになります。

まず、その会社が専門的に住宅関連のリペアを行っているのかを確認しましょう。中には副業的にリペア業をやっている会社もあるようです。

また、いわゆる職人と呼べるような「プロ集団」であるかどうか。繁忙期に経験の浅い学生アルバイトを使っている業者もあります。

多種多様なキズを修復するには、最終的には経験がものを言うのがこの世界。キチンとした技術を持った職人さんが適正な価格で施工してくれる業者さんを選びたいものですね。

保証体制を確認

万が一の修復ミスや後のトラブルにどう対応するのかも、事前に知っておいた方が良いと思います。

再補修に応じてくれるのか、あるいは賠償保険などに加入しているかもポイントになりますね。あとで泣きを見ないためにも、アフターケアに関することは確認しておくべきです。

もちろん、後で自分でつけてしまったキズや故意によるものに無料で対応してくれる業者はいませんので、お間違えなく!

料金設定のメリット・デメリット

施工料金の設定には主に2種類あります。

1つは、多くの業者が採用している施工時間による料金設定方法。時間内であればキズは何箇所でも同じ料金で直してくれます。床にキズや汚れをつけないように、よほど気をつけていない限りこちらを選択するのが無難かと思います。

何年も生活していれば、軽微なものを含めかなり多くのキズがあるのが通常でしょう。ウチはもちろんこちらを選びました。朝から夕方までかけて綺麗に修復してもらいました。

もう1つは、キズの数による料金設定です。キズや汚れが少なければ、安く仕上がる場合があります。事前にキズの数を把握しておきましょう。施工当日よく数えたら気づかなかったものがいっぱいあって、結局高くつくことのないように。

ほとんどの業者は施工エリアを決めています。そして遠方の場合には、大抵出張料金がかかるようです。自分の家が無料のエリアなのか出張料金がかかるエリアなのか調べましょう。当たり前ですが、業者の拠点から遠ければ出張料金は高くなりますし、見積もりが有料の場合もあります。

ただし、わずかな出張料金をケチったがために、レベルが低い業者に依頼することは避けてほしいものです。総額でいくらになるのかで比較検討するのが賢い方法です。

house フローリング補修業者ランキング