専門のプロ職人ですか?

ここでは、よくニュースにもなっている「リフォーム詐欺」に引っかからないために、知っておきたいポイントについて解説していきます。

まず、片手間で床のリペアをしているような業者への依頼はやめましょう。

「片手間」とは、別の本業があるのにどこかで短期間に習得した技術で、時々リペアの仕事をしているようなセミプロ、アマチュアの存在です。このこと自体決して悪質とまでは言うつもりはないですが、問題は経験不足による技術不足にあります。

また、本人は技術を持っているつもりで自信満々で仕事していますから、なおさらタチが悪いんですよね。

紹介された業者もキチンと確認

住宅業界には実に多くの業者があり、それぞれが関係しています。賃貸物件の原状回復にあたっては、フローリングの補修以外にも必要に迫られることもあるでしょう。そこで考えられるのが、その他の業者などからの紹介です。

もちろん、良い業者を損得無しで紹介してくれる場合もあるでしょうが、悪質な業者ではけっこう高額な紹介料が裏で発生している場合があります。

紹介料自体はあってもいいのですが、正規の料金に紹介料をそのまま上乗せされないように気をつけてください。料金の相場というものをある程度知り、見積もりを見せてもらうとよいでしょう。

原状回復のトラブル

賃貸物件では、原状回復義務をたてに執拗にフローリングの張替えを要求する大家や管理会社があるそうです。やはりここでも高額な紹介料が疑われますね。即契約で割引などの特典を強調する業者は特に要注意です。

「リペアとリフォームの違いとは」でも触れましたが、原状回復とは新品に戻すことではなく、綺麗な状態に戻すことです。しかも故意、過失を除き、通常使用における経年劣化まで借主が負担する必要はありません。ウチの場合(床の傷やシミ)は過失にあたりますので、もちろん気持ちよく自腹で修復しました(笑)。

リペアで対応できる範囲であればリペアで綺麗に、張替えでしか対応できない場合にリフォームを考えればいいと思います。折り合いがつかず、たとえ裁判になっても、請求の根拠は大家側が示さなくてはならないようです。でも普通は裁判と聞いたとたん折れる大家が多いそうです。