床のキズと賃貸物件の原状回復

賃貸のアパートやマンションの退去時には、原状回復(部屋を借りる前と同様の状態に戻さなければならない)が必要になります。特にフローリングの部分は注意が必要です。我が家のいたずら犬。お陰で床は...。

「キズをつけてしまった 」「ペットのおしっこがシミになってしまった 」「家具を引きずった痕が残っている」、このような借主の不注意によるものは、借主負担で綺麗な状態に回復する必要があるのです。

我が家でも、引越しを機に原状回復の必要に迫られました。ウチの場合は、愛犬のオシッコによる床の変色と洗濯機周りの水漏れによるシミ、その他いくつかのヘコミと小さいキズがある状態でした。

早速、床の修繕をしてくれるリペア業者に見積もり依頼をし、料金をメインに技術力や対応の早さも含め、総合的に比較してみました。

以下にその結果をランキング形式でまとめています。補修業者を探している人、期日までの原状回復を早く済ませたい方のお役に立てれば幸いです。

早く・安く・美しい床を蘇らせてくれるのは?

フローリング補修業者の料金ランキング
順位
社名
料金
(時間や追加課金など)
技術力 対応の早さ コメント
1位
リペア110番
(株式会社
ウェークアーツ)

>リペア110番(山田技研)
35,000円
(9:00~17:00)
※17時以降になった場合、延長料金が発生するが、ほとんどの場合は時間内で対応可能とのこと。
丸1日の作業時間内であれば、あらゆる補修を直してくれるという料金設定。コストパフォーマンスの高さは随一です。
キズ・シミ・凹みなどが合わさった難易度の高い補修でも、「大丈夫ですよ」と心強い回答を貰えました。リペア会社にありがちなアルバイトによる作業は一切行っていないとのことで、技術力には定評があるようです。
また、原状回復の期日を伝えると、迅速に作業日を決定し、必ず時間内で仕上げるとの約束もしてくれました。
WEBサイトもQ&Aなどが充実しており、やさしいつくりで好感が持てます。
2位
REPARO
株式会社REPARO
35,000円
プラス高速代

(9:00~17:00)
※17:00以降になった場合、30分ごとに2,500円追加。
家具・陶器・室内修繕の専門業者なので、技術力は期待できそう。料金は1位と同じですが、別途、交通費(高速料金)がかかるとのこと。
さらに今回の依頼内容だと超過料金が発生しそうなので、今回は2位とさせてもらいました。
3位
ジャパンメンテナンス
ジャパンメンテナンス
39,000円
(修繕内容により料金は異なる)
※延長料金1時間7,000円、出張費40キロ以上3,000円~がかかる。
4時間作業で完了するが、補修痕が残るとのことでした。技術力は今ひとつのようです。
短時間の割に料金が割高な気がします。また、難易度が高いと言われたため、4時間で直るのかも不安。
4位
ライク・ア・ウッド
有限会社ライク・ア・ウッド
45,000円
(修繕箇所の数で判断)
※埼玉・横浜周辺以外は出張費5,000円~がかかる。
シミ2箇所の料金です。基本的に、修繕の箇所数で料金設定をしているとのこと。
シミ以外の補修はサービスなのか別料金なのか、見積もりの返答では分からなかったのが残念です。
5位
傷消し屋ピタッツ
 傷消し屋ピタッツ
47,000円
(9:00~17:00の基本料金1,5000円・技術料金32,000円)
※17:00以降の延長、またはプラス半日の作業時間が必要。
一旦見積もり回答がきたものの、こちらからは何も言っていないのに、後に値引き攻勢をかけられました。
安くなるのは嬉しいのですが、対応が曖昧。長時間かかりそうな点もマイナスです。
6位
ドクトルケーニッヒ
ドクトルケーニッヒ
55,000~60,000円
(シミ2箇所4,5000円プラス傷補修10,000~15,000円)
※18時以降の場合、4,200円/1時間の追加料金が発生。
WEBサイトでは時間制の料金体系でしたが、見積もり額は修繕箇所数で返答がきました。結果、かなり割高に。
ほかに比べて連絡が少し遅かったです。
7位
菅谷家具補修サービス
菅谷家具補修サービス
90,000円
(修繕内容により料金は異なる)
※作業は2日半程度かかるとのこと。
船橋市内(我が家の一番近く)の業者さん。広範囲の補修は対応が難しく、もし施工しても補修痕が残るのでお勧めできない、との回答でした。対応は早く丁寧だったのですが…。

プロの技が格安で手に入る「リペア110番」

私は、千葉県船橋市在住の40代会社員です。妻と元気な男の子1人、わがままな愛犬1匹で住んでいたマンションを離れ、この度めでたく一軒家へ引っ越すことになりました。そこで必要になったのが“原状回復”です。

各社に我が家の現状をお話し見積もりをしてもらった中で、料金と技術力など、総合的に見て飛びぬけて良かったのが、リペア110番ことウェークアーツさんでした。

まず第一に、料金が安かったこと。こんなにも見積もり内容に差が出るとは正直驚きましたが、各社さまざまな金額が出た中でも1番安かったのがこの業者さん。しかも、時間制やキズの箇所数ではなく、丸1日の作業で、シミ以外の小さなキズや凹みまで面倒を見てもらえそうだったのが大きな魅力でした。

第二に、高い技術力をもったプロの職人さんが多数いたこと。たとえ料金が安くても、明らかな補修の痕が残ったのでは、お金を払って施工してもらう意味がないですからね。

リペア110番は施工者全員がベテランで、アルバイトを使っている業者とはレベルが違うといった雰囲気でした。

こんな風にくすんだ床も...。見積もり依頼のやり取りの中、こちらの質問にも丁寧に答えてもらったのですが、今回のような広範囲のシミの補修は、難易度がかなり高いのだそうです。第三者が見ても違和感なく、自然な感じでうまく仕上げまでもっていくには、かなりの腕を持った職人でないとできないのだとか。これは、実際に他の業者に現状を伝えたときの「それはちょっと難しいかも知れませんね…」といった反応からも分かりました。

 

一流の職人ならこんなにキレイに!他にも、ホームページが充実していて、私たちのような素人にもわかりやすい、やさしいサイトだったことが当初から安心感を持つことにつながりました。お問い合わせフォームで簡単に画像も送れたし、Q&Aも分かりやすかったです。また、フリーダイヤルがあるのも電話しやすかったですね。実は他の業者さんは、あまり設置されていなかったので…。

対応エリアも東京・神奈川・茨城・新潟・宮城に営業所があり、ウチ(千葉県船橋市)の場合、出張費や交通費はかかりませんでした。多少遠方の方でも僅かな交通費負担で高い技術を提供してもらえるので、問い合わせてみるのもいいと思います。

そんなわけで、我が家のフローリング補修は、ウェークアーツさんのリペア110番にお願いすることに決定。詳しい体験談もまとめましたので、ご参照下さい。

他にもこのサイトでは、私が見積もり時に調べたリペア業者の特徴や料金を、各ページで詳しく紹介しています。また、修繕依頼をする前に知っておきたい基礎知識や、自分でのリペア方法(DIY=日曜大工)などについてもまとめています。

美しい床を、素早く・安く取り戻すために、ぜひご一読下さい。

このページの上部へ